これが出来れば経済学攻略!インセンティブ、ルール、均衡点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
経済学 インセンティブ

経済学は物事の最適化や均衡点を求めるためのツールです。

経済学と聞くとお金や商品の需要と供給の関係についてのイメージをする方が多いと思います。このような話をビジネスの場で実際にどう活用するのか不思議に思っていませんか。

経済学はみなさまが思い描いているイメージと少し違います。実際にはお金や需給バランスの話ではなく「物事の最適化や均衡点を求めるツールなのです。早速ですが実際に見ていきましょう。

スポンサードリンク



需要供給曲線とは

これは、商品が何か、消費者が誰かなどの要素に関わらず、市場における需要と供給はバランスの取れる均衡点に必ず落ち着くという原理原則です。

経済学 インセンティブ

この原理原則の考え方を応用すれば、商品の詳細データや買い手の趣向、時代背景などに惑わされずに、結果(物事の均衡点)を精度高く予測することができます

この考え方は、商品の需要と供給だけではなく、世の中のありとあらゆる取引や出来事に当てはめることができます。このメカニズムをいろいろなものに応用するために、「インセンティブ」「ルール」「均衡点」が必要になります。逆にこの三つさえ把握してしまえば経済学的な思考が身につきます

インセンティブ・ルール・均衡点とは

1.インセンティブ

インセンティブとは、よく誘因や動機づけと訳されます。人が行動するときには必ず理由があり、その理由をインセンティブと呼びます。

2.ルール

ルールとは、当事者の行動を制限し、阻止したり、行く先を誘導したりする外部環境の事です。

3.均衡点

均衡点とは、プレイヤーが自分のインセンティブに従って、周囲や社会のルールの中で行動したときの結果のことです。

この順番で物事を考えると、最もあり得る妥当な結果を前もって予測することができます。詳細な事情に精通していなくても、自分が持っている大まかな知識だけで全体像を予測して結果を推測することが出来るようになります。

結局人が動くのはインセンティブがあるから

July Job Loss Better Than Expected
July Job Loss Better Than Expected / Leader Nancy Pelosi

なぜ、この3つのフローから人間の行動が予測できるのか書いていきます。

経済学では、個人や企業、政府がある行動をするときに、「その人(組織)にはインセンティブがあったと考えます。インセンティブとは、行動の動機・行動の動機となる物事です。個人が買い物をするのは、自分の欲求を満たすインセンティブがあるから、企業が日々営業活動するのは、自社の利益を最大限に増やそうというインセンティブがあるからです。

あらゆる行動や取引の後ろにインセンティブがあり、そのインセンティブによって行動が引き起こされていると経済学では考えています。

インセンティブがあってもルールによって人の行動は制約される

インセンティブはあるのだがルールで行動できないといったこともあります。人が買い物をする量は、その人の手持ちのお金に制限されます。企業が利益を求めて営業するときも一緒です。売上げを伸ばそうとして生産を拡大すれば費用も増えていきます。「もっと生産したい」というインセンティブがあっても、「お金が無いという」ルールがあって生産を増やすことができないということです。

また、国(政府)からかけられる規制も「ルール」になります。国家資格がないと営業をしてはいけない、運転免許がないと運転してはいけないといったことです。個人や企業がお金を稼ぎたいと思っても「医療行為」をすると罰せられるといったルールです。

人々の行動は、自分の希望(インセンティブ)以外に、外部の条件によって制約され決定づけられるとするのが経済学的な考え方です。

インセンティブ+ルール=均衡点

ルールによって、制限、誘導されてたどり着いたところこそが均衡点になります。経済学では長期的に考えればこの均衡点に落ち着くことになります。たまに例外は発生しますが、長い目で見ると必ず均衡点に落ち着くということです。

商品の値段が一時的に上がっても、やがては均衡点に落ち着くと考えるのと同じです。この考え方を日常起こることに使えるようにするために、インセンティブ・ルール・均衡点をしっかり覚える必要があります。そして、この3つの枠に当てはめることによって、世の中のほとんど事を要点を外さずに考えることが出来るようになります。

未知の領域に遭遇しても、ある程度の予測が立てられるようになり日常生活でもビジネスでも使えますので別記事で書いていきますので興味があれば勉強してください。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

人気記事

コメントを残す

*